編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

エディット・メールマガジン/バックナンバー

エディット通信(2019年陽春号)

■AJEC第8回編集教室 「編集者が心得ておきたい『最新の著作権知識』」聴講レポート
■【御礼】「第4回/編集プロダクションフェア2019」,盛況でした

2019.3.26

1か月ほど前となりますが,日本編集制作協会が主催する編集教室を聴講いたしました。

聴講レポートとしてまとめましたので,ご一読いただけますと幸いです。

■2018年度/AJEC第8回編集教室(主催:日本編集制作協会)
「編集者が心得ておきたい『最新の著作権知識』」聴講レポート

講師:高樹町法律事務所 弁護士 桑野雄一郎氏
日時:2019年2月21日(木)18時30分〜20時00分
会場:DNPプラザ 2F イベントゾーン
【講師:桑野雄一郎(くわの・ゆういちろう)氏 略歴】
早稲田大学法学部卒業。1993年弁護士登録。最高裁判所司法研修所教官などを経て2017年高樹町法律事務所を設立。現在,島根大学法科大学院特任教授,株式会社昭文社社外取締役,豊田通商株式会社社外監査役などを兼務。著書に『出版・マンガビジネスの著作権(第2版)』(公益社団法人著作権情報センター)などがある。

講師の高樹町法律事務所/桑野雄一郎氏より,編集者にとって大切な著作権に関するさまざまな事項を,具体例を交えて,たいへんわかりやすくお話いただきました。

著作権の知識を持つことで,トラブルを回避できることがたくさんあることを知りました。

「著作権」について,私が有益に感じたことを4つほど紹介させていただきます。

1)著作権の相談は,場数を踏んでいる弁護士に相談するのがよい。
2)いろいろなものが写っている写真は,権利処理に気をつける。
3)各種パンフレットに対する著作権も複数あることを想定しておく。

「編集著作権」という権利があることを知りました。

4)権利処理は「1回すれば完了」したわけではない。

このように,著作権に関する知識は,具体事例をもとにとらえていくと,わかりやすく理解できることを知りました。

著作者への配慮をもっていれば,著作権に対する意識はおのずと生まれてきて,具体的な対応も自然と見えてくることも理解できました。

とても有益な知識を得られた2時間の講座でした。

■【御礼】「第4回/編集プロダクションフェア2019」,盛況でした

去る3月14日(木) ,日本出版クラブホールで,日本編集制作協会(AJEC)主催の「第4回/編集プロダクションフェア2019」が開催されました。

エディットもフェアに出展させていただき,編集作品や業務内容を紹介させていただきました。

たくさんの皆さまにご来場いただき,ありがとうございました。

また,エディットのブースにも大勢のかたにお越しいただき,たいへん嬉しく,感謝申し上げます。

当日は大盛況で,ゆっくりとお話させていただくことができないかたもみえました。失礼いたしました。

もし,なにかエディットでご相談,協力させていただくことがございましたら,企画ソリューション部の伊藤隆(t-ito@edit-jp.com)宛に改めてご連絡をいただけますと幸いです。

(文責:名古屋本社・企画ソリューション部 伊藤隆)