編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

エディット・メールマガジン/バックナンバー

エディット通信(2019年万緑号)

■AJEC(日本編集制作協会)第1回編集教室
編集力「どれだけ相手の心に寄り添えるか」聴講レポート

2019.5.23

講師/箕輪厚介さんの「編集論」に,いままで気づくことのなかった大切なことを学ばせていただきました。印象に残ったことなどを,まとめさせていただきました。

よろしければ,ご一読いただけますと幸いです。

■AJEC(日本編集制作協会)第1回編集教室 テーマ:編集力「どれだけ相手の心に寄り添えるか」

講師: 株式会社 幻冬舎 NewsPicksBook 編集長 箕輪厚介氏
日時:5月16日(木曜日)18時30分〜20時
場所:明治大学紫紺館

今を時めく幻冬舎の箕輪厚介さんの講演は,100人ほどの会場が満席となる大人気でした。

最近出版された書籍のエピソードからはじまって,これからの編集者像,書籍を作るときに気を付けることなど,具体例を交えて,非常に説得力のある話を繰り広げられました。

お話をうかがって心動かされた内容を,いくつか箇条書きにしてまとめさせていただきます。

★著者を口説くときに大切なのは,相手への「想像力」。
★ビジネス書は「しいたけ鍋」のようなもの。
★読者の「読了率」に目を向ける。
★インタビューで大切なこと。

相手の心に寄り添う要諦は,《想像力である》と言われたことに大いに共感いたしました。また,「自分の熱を押し付けるのは,おかしい」と言い切った箕輪さんの心遣いに感動しました。

(文責:名古屋本社・企画ソリューション部 伊藤隆)