編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

エディット・メールマガジン/バックナンバー

エディット通信(2019年大暑号)

■第10回 教育ITソリューションEXPO 見学レポート

2019.7.24

今回の教育ITソリューションEXPOは,いままで開催された東京ビックサイトではなく,青海展示棟にて開催されました。

教育分野の企業がおよそ430社出展し,三日間で約30,000人が来場されました。

最新の学校設備・ICT機器を使った模擬授業やデモなどが行われ,具体的で分かりやすく,説得力のある展示ブースが多くあり,熱気に包まれていました。

会場内を二日間歩いてみて,私なりに感じたことをまとめさせていただきます。よろしければ,ご一読いただけますと幸いです。

■第10回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)

日時:令和元年6月19日〜21日 10時00分〜18時00分
会場:青海展示棟
主催:リードエグジビションジャパン株式会社

会場内の熱気から,教育ICTがもたらすものの土台は,「やる気」を生み出すための工夫と提案なのだと感じました。

児童や生徒,教員,保護者,学校,塾,地域,教育にかかわる皆さんに対して,各種の企業・団体が,教育ICTを通して「やる気」を生み出すコンテンツを提案・展示されていました。

具体的には,

などです。

Classi株式会社様ブースで講演された,クエストエデュケーションの講師のかたが,

「先生こそ答えを捨てるべき」
「やる気を加速させて,学習のエンジンを作ることが大切だ」

と言われていたのが,印象的でした。

会場内で提案されている各種コンテンツは,今までのやり方からずいぶん変化したものでした。教育業界に関わる私も,柔軟なものの見方で,やる気を生み出すコンテンツ制作にあたりたいと思いました。


この夏の8月1日・2日の二日間,インテックス大阪にて開催される「第4回関西教育ICT展」は,《小学校プログラミング教育》《情報活用能力の育成》《小中高英語教育の強化》をテーマに掲げて行われます。

★関西教育ICT展
>>> http://kyouikuict.jp/

なお,第10回 教育ITソリューションEXPOについては,エディット東京オフィスの塚本鈴夫が詳細な見学レポートを作成しています。興味のあるかたは,こちらもご覧ください。
>>> http://www.edit-jp.com/report/2019-0620.html

(文責:名古屋本社・企画ソリューション部 伊藤隆)