編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

エディット・メールマガジン/バックナンバー

エディット通信(2019年立秋号)

■AJEC(日本編集制作協会)第3回編集教室
取材力「情報収集とインタビューの技術」聴講レポート

2019.8.9

AJECの編集教室に二度目のご登壇となる杉田淳氏は,元「週刊SPA!」編集長です。創刊から10年以上「週刊SPA!」の編集に携わり,今までなかった斬新な切り口の週刊誌を作り上げられてこられました。

昨年の「今の読者を引きつける原稿整理の技術」に続き,編集者にとって大切な「取材力」について,お話いただきました。

「情報収集の仕方」「インタビューの技術」について,まとめさせていただきました。ご一読いただけますと幸いです。

■AJEC(日本編集制作協会)第3回編集教室 取材力「情報収集とインタビューの技術」

講師:株式会社・扶桑社・書籍編集部 杉田 淳氏
日時:2019年7月25日(木)18時30分〜20時00分
会場:DNPプラザ 2F イベントゾーン

杉田淳氏のお話のなかで,刺激になり,ためになったことを五つほど,まとめさせていただきます。

●価値のある情報って,何?
●「無理じゃないの?」と思うことも,まずはやってみる。

※ボールを受け取ったら,すぐに投げかえす(行動にうつす)ことが重要。

●行動すると何がいいか?
●インタビューの奥義
●編集者とは?

杉田さんは話のなかで,取材は「相手ファースト」だと言われていましたが,この編集教室の話の進め方も,「受講者ファースト」で考え抜かれたものでした。

「価値のある情報」を発信でき,「相手ファースト」な配慮のできる編集者になりたいと考えております。

(文責:名古屋本社・企画ソリューション部 伊藤隆)