編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

エディット・メールマガジン/バックナンバー

エディット通信(2019年爽秋号)

■「第3回関西学校・教育総合展 EDIX関西/教育ITソリューションEXPO」を見学して

2019.10.16

第3回目となる関西学校・教育総合展は,250社が出展し,3日間で15,000名が来場される盛況ぶりでした。各ブースでは,最新のICT機器による模擬授業やデモが行われ,来場者が気軽に体験できる工夫がなされていました。

私は,9月25日の初日に見学に出向きましたが,とても活気のある展示会でした。そのときに,私が印象に残ったブースについてまとめました。ご一読いただけますと幸いです。

■「第3回関西学校・教育総合展 EDIX関西」

会期:令和元年9月25日(水)〜27日(金)
会場:インテックス大阪
主催:リードエグジビションジャパン(株)

私は,EDIX関西の「教育ITソリューションEXPO」を中心に見学しました。

エディットは日ごろ,公立・私立/中学・高校入試に関するお仕事を多数させていただいていることもあり,入試問題のデータベースに力を入れている英俊社様の『プリント教材作成システムKAWASEMILite』のデモンストレーションを興味深く拝見いたしました。

ご案内いただいた方から,このシステムができた背景やメリット,使用される先生方へのご配慮などについて詳しく教わりました。教材編集にかかわる私には,大事な考え方だと思いましたので,いくつか箇条書きにして紹介させていただきます。

英俊社様に限らず,出展各社に共通するのは,《先生・生徒・家庭》という学校を取り巻くそれぞれの立場の人たちが,充実した教育に従事・享受できるように努力されていることでした。

ますます煩雑になる教育現場を支えるのは,デジタルをアナログ的視点で捉えた,あたたかい仕組みによるものだ,と実感した一日でした。

EDIX関西の詳しいことは,下記にまとめられています。
>>> https://www.edix-osaka.jp/ja-jp/about/previous/sokuho2019.html

(文責:名古屋本社・企画ソリューション部 伊藤隆)