編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

エディット・メールマガジン/バックナンバー

エディット通信(2020年小満号)

■毎日新聞校閲グループ『校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術』(毎日新聞出版刊)を読んで

2020.5.28

6章仕立て・224ページの『校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術』は,毎日新聞校閲グループ運営のインターネットサイト「毎日ことば」とツイッター「毎日新聞 校閲センター」などで発信された文章をもとにまとめられたものです。

新聞校閲のなかで参考になる,ものの見方を,自分なりに抽出して深く読み込んでいくと,とかく曖昧になりがちな「校閲」の定義を明確にすることができます。

第1章では,「間違い紙面」で,校閲力チェックとして,アメリカの共和党・トランプ氏が大統領選で当選が決まったときの,記事のもととなる,いくつかの誤りを含んだ紙面で「校閲力チェック」の体験ができるページが設けられています。

「間違い紙面」のあとに,誤りの箇所と解説がまとめられています。15か所のミスについて,それぞれどのような観点で校閲がなされるものか,具体的にまとめられています。

いくつか紹介させていただきます。

校閲は,虫眼鏡に似ていると思いました。

虫眼鏡によって,大きく見たい文字に焦点を当てて大きく見られるようにし,正確な文字を認識します。

校閲には,文字列,文,文章,段落などのなかに,どんな誤りがありそうかという「焦点」がなければ,ただ何となく読み進めて終わります。

第1章のトランプ氏の大統領当選確実当時の記事におけるミスについて,「すべて(と思われる)のミスを見つけ出さなければ,校閲記者のミッションは果たせたことにならない」と言われるところに,この仕事の責任の重さと生半可な知識では成り立たせることのできない総合力を思い知るのでした。

校閲グループの沢村斉美さん(歌人)の,校閲にまつわる短歌を紹介させていただきます。

大ゲラを睨みゐし身を起こすときかなしデスクの瞬(しばたた)くまなこ
なにくはぬ顔せる文字をいぢめぬき廃せり赤きこのペンのさき

『校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術』の詳しくは……
https://www.amazon.co.jp/dp/4620324639/

毎日ことば http://www.mainichi-kotoba.jp/

(文責:名古屋本社・企画ソリューション部 伊藤隆)