編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

エディット・メールマガジン/バックナンバー

エディット通信(2021年弥生号)

■日本編集制作協会(AJEC)/2月編集講座(オンライン)「本の世界観を作る具体的技術(演出力)」を聴講して

2021.3.17

 日本編集制作協会の2月編集講座は,オンラインによるものでした。

 講師の谷綾子さんは,2005年に高橋書店入社され,『こころのふしぎ なぜ?どうして?』を含む『楽しく学べるシリーズ』を立ち上げられました。現在は,文響社編集部でご活躍されています。『失敗図鑑』『一日がしあわせになる朝ごはん』『うんこ漢字ドリル』などを担当されてきました。たくさんのベストセラーを生み出された谷綾子さんの,本の世界観を作るための具体的な方法について,興味深いお話を聞くことができました。


 ≪世界観≫とは「世界の見方を変えてくれる世界」のこと,と言われる谷綾子さんより,【本の世界観を作る7つの選択】についてお話いただきました。7つとは,「著者」「造本設計」「構成」「レイアウト」「デザイン」「タイトル・見出し」「文章」のことです。私がとくに興味深く感じたのは,「著者」についてのお話でした。

 著者を決めるときの≪著者像≫は,示唆に富んでいます。

 このように,谷さんの編集者としての経験を昇華させ抽象化させた ポイントは,個別の具体的な問題点を捉えなおすのに役立ちます。

 以下に,谷さんが言われた大切なことを,さらに箇条書きにして紹介いたします。

ご自身が日ごろ大事にしている視点,おすすめの本,テレビ,コント,マンガなどを惜しげもなく紹介してくださいました。おすすめの内容は,知らないことがたくさんあり,とても有意義な内容でした。「行動に移したくなる内容の本」を日ごろ編集されている谷綾子さんから学んだことをできるだけ実践して,自分の幅を広げる糧にしたいと思いました。

 エディット・東京オフィスの塚本鈴夫が,この編集講座のレポートをまとめております。下記を合わせてご覧いただければ幸いです。

http://www.edit-jp.com/report/2021-0225.html