編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

第3章 編集者に求められる技術と知識

9.カメラマンのサポーターとして

写真撮影は想像以上の肉体労働だ!
screenshot

撮影は体力と忍耐のいる仕事だ。カメラマンと付き合ってみるとよくわかる。写真機材はけっこう重い。単にカメラだけではない。三脚やストロボ・照明用傘・バッテリーなど,付属品はけっこう多い。絵は絵の具を加えていく「足し算仕事」であるが,写真は余分なものを除けていく「引き算仕事」である。撮る対象を美しく目立たせるためにバックの汚いものや不要なものを取り除く作業をする。幕を張ったり移動させしたり,カメラアングルを調整したり,撮影する前にカメラマンがすることは山ほどある。それに光の角度や天候にも大いに左右される仕事だ。カメラマンはほんとうによく動く。シャッターを押すだけが彼らの仕事ではないのだ。

編集者にとって著者が同志であるように,カメラマンも同じ共同制作者だ。スタジオや野外撮影の現場には必ずカメラマンといっしょに立ち合うようにしよう。自分のイメージと撮影者の視点が一致する−−よい写真ができる条件である。いっしょになって機材を運び,いっしょになって撮影アングルや構図を考える。自分が押したいなあと思っている瞬間にカメラマンがシャッターを押してくれる。うれしい瞬間だ。