編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

第3章 編集者に求められる技術と知識

33.マルチメディアとCD-ROM

大型書店にはマルチメディアコーナーもできた
screenshot

時代は常に変化する。デジタル編集の到来はペーパーメディアに留まらない。全く新しいメディアをも創出した。文字・映像・音声を同時に組み込むことができるメディア。しかも自由自在にアクセス・検索でき,こちらの希望する情報を瞬時に見ることができる。さらにインタラクティブ(双方向的)な機能も兼ね備えている。マルチメディアとその作品化されたCD-ROMはいま各出版社が注目している出版ジャンルである。書店にもパソコンショップにもさまざまなテーマのCD-ROMが並ぶ。今までのペーパー出版物をCD-ROM化したものからマルチメディアの特性をフルに生かした独自のCD-ROM出版まで,その点数は急速に増えている。

若い編集者にとってはたいへん魅力的なメディアである。しかしまだ生まれたばかりで,いまも進化し続けているメディアである。それだけに技術的な新しい動きや変化を常にキャッチしておかなくてはいけない。プラットホームをどうするか,オーサリングソフトは何を使ったらよいか,映像や音声の素材編集をどうするか,著作権の問題は? など,編集ベースとして検討しなければいけない問題は多い。

注:最近では,スマートフォンなどの普及にともない,マルチメディアが当たり前になったため,逆に「マルチメディア」という単語は使われなくなりました。