編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

第4章 編集者になるための勉強と方法
−−その1 心がまえ−−

5.美しいものに敏感になれ

美しいものに惹かれる心を大切に!
screenshot

編集者の資質の一つとして,ビジュアルセンスが要求される。視覚的な美しさを理解する能力だ。プロの画家やデザイナーのように独自の「美」を作り出す力を持つ必要はないが,美しいもの,きれいなものに心惹かれる感性を常に持っていたい。都会でも田舎でもよい。風景でも自然でもよい。絵画でも建築でもよい。ファッションでも色の組み合わせでもよい。人の心でもしぐさでもよい。この世の中に存在する,ありとあらゆるものについて,感覚的に「いいな」と思うもの,「素敵だな」と感じるもの,心地よく心を動かされるものに敏感になれる編集者でいたい

では,感性の豊かな人間になるためにはどうしたらよいか。これはたいへんむずかしい。人によって違う,持って生まれた素質みたいなものがあるだろうか。そうではない。美しいもの,きれいなものにあこがれる感性は本来みんなが生まれながらに持っている共通の感覚だ。それがいつの間にか鈍化したり,麻痺したりしてしまっているだけなのだ。

素直な心,無我の心−−むずかしいけれど,それを取り戻せば,きっと無理のない美しさを見つけることができる。