編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

第4章 編集者になるための勉強と方法
−−その1 心がまえ−−

6.耳は2つ,口は1つ

お釈迦さまの耳はなぜ大きい?
screenshot

お釈迦様の耳たぶはびっくりするほど大きいといわれる。たくさんの人の悩みや苦しみを聞いているうちに,お釈迦様の耳はどんどん大きくなってしまったという話だ。

人の話を聞くということは,とても大切なことだ。

しゃべることと聞くこととどちらが楽かといえば,明らかにしゃべるほうが楽である。話すことは自分の持っているものを相手に与え,身軽になることである。聞くことは自分のなかに新しい内容やデータを受容し,蓄積することである。大げさに言えば,聞くことはいままでの自分と違う自分になることである。聞くほうがたいへんなのだ。だから神様は,人間のからだの仕組みとして,耳を2つ,口を1つ創られたのだ。1回しゃべったら2回は聞けという教えだ。

編集者は聞く力を養おう。相手の話を理解する能力を磨こう。話上手より聞き上手になろう。取材力をつけることは聞き上手になることだ。相手が話しやすいように質問の順番をを考え,相づちを打ち,もっと聞きたいという姿勢を示し,どんどん相手にしゃべらせ,話すことに夢中にさせよう。

信頼関係は説得ではなく,納得することから始まる。