編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

第4章 編集者になるための勉強と方法
−−その1 心がまえ−−

10.大胆さと緻密さ−−本づくりは決断の連続!

本づくりに必要な2つの資質
screenshot

「大胆さと緻密さ」−−この言葉はよくリーダーの条件として上げられる。経営者・社長・監督・先生・政治家・首長など,人を指揮する立場の人に必要な資質である。「決断力と繊細な神経」といってもよい。

編集者もこの2つの能力がつねに要求される。企画から著者・造本・仕様・装幀・デザイン・レイアウトの検討,編集から納品まで,本づくりの全工程を追いかける編集者は,その工程の一つひとつに方針や決定を下していく立場の人間である。編集者の仕事は「決断の連続」といってもよい。多少の迷いや不安があっても,一つひとつ答えを出して前に進んで行かなくてはいけない。決断力・大胆さが必要なのだ。

しかしもちろん大ざっぱではいけない。本づくりはすべての工程に落とし穴がある。あらゆる作業にミスや失敗が起こりやすい。校正ミス・面付けミス・製版ミス・色の掛け合わせミス・乱丁・落丁などは明らかなミスであるが,企画や仕様・デザイン・装幀といった作業にも取り返しのつかない失敗がある。これらのミスは経験である程度カバーできるが,編集者はきめ細かい配慮,緻密な確認がつねに求められる。