編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

第4章 編集者になるための勉強と方法
−−その1 心がまえ−−

11.いちばん大切なバランス感覚

編集者は幅広い知識と能力が求められる
screenshot

社会的な人間を2種類に分ける言葉として,「スペシャリストspecialistとジェネラリストgeneralist」という言葉がある。スペシャリストとは「専門家,専門的な知識・技術を持った人」という意味である。ジェネラリストとは「万能家,多方面の知識を持つ博学な人」という意味である。

ある分野に特別の技能を持っている芸術家や学者・スポーツ選手などは前者を指す。後者の「ジェネラリスト」は幅広い能力を発揮する管理者・教師・ジャーナリストなどを指す。

編集者はジェネラリストである。もちろんある分野の専門的なテーマを追いかけるスペシャリスト的な編集者も多くいるが,それでもやはり彼はジェネラリストである。著者ではないからだ。職業は編集者であるからだ。

ジェネラリストに要求される最大の能力は「バランス感覚」である。世の中を公平に見る能力,できるだけ多くの人が善とする良識や常識common senseを大事にする感性,いろいろな立場の人や意見をまず受け入れようとする態度,それでいて自分の納得する考えをきちんと相手に伝える姿勢−−そうした感覚を持っている人は編集者の素質があるといえる。