編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

第5章編集者になるための勉強と方法
−−その2 資格−−

3.他人の前で1時間は話ができるテーマを持っているか

自分なりのテーマを持とう!
screenshot

編集者は自分なりのテーマが必要である。文学でも政治でもスポーツでも音楽でもなんでもよい。自分が興味・関心のあることがらを大事にしてほしい。そのテーマを継続的に持ち続け,追いかけ続けてほしい。編集者はオタクや専門家になる必要はない。しかし知識や情報,関心の度合いにおいて,常に読者より半歩くらいは前に進んでいたい。問われたら,自分なりの意見や考えを言えるくらいになってほしい。

私の14年間の編集講師稼業の中ではっきりわかったことは,編集の力が伸びる学生は自分なりに作りたい本・雑誌のテーマを持っている学生であるということだ。彼らは事前にそれなりの知識や情報を持っているだけでなく,取材したい意欲も十分にあり,さらに詳しく知りたいという欲求が強いため,積極性行動力があり,どんどん内容が深まっていく。教師や取材対象者とも対等に話ができ,それが自信になっていく。

いま自信のない若者が多い。きっと嫌なことをたくさん押しつけられてきたせいだ。成績だとか順位とか効率とかを気にして生きてきたせいだ。編集者の生きざまと正反対の生き方だ。自信を取り戻すためにも自分のテーマは必要なのだ