編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

エディットお役立ちレポート

2018-05-17 第9回教育ITソリューションEXPOに参加して

5月16日〜18日の3日間、第9回教育ITソリューションEXPOと第1回学校施設・サービス展が西1・2・4ホールで開催された。私は、16日と17日に参加した。

教育ITソリューションEXPOは、主として、教師や教育に携わる自治体の職員を対象とした展示会で、今回は、2020年の新学習指導要領実施に向けて各種の展示や、講演が行われていた。デジタル教科書についても現在は、法整備(著作権法の改正)と環境整備の最終段階になっていて、展示会は、わりと落ち着いた内容になっていた。

●展示場1(5/16)

【Canon】

いちばん最初の見学は、Canon。テストの採点集計ソフトの紹介を見た。これは、「Canon IT Solutions」の中の「in Campus Series」に授業支援システムとして追加された「in Campus Scan」のデモ。このシステムは、Canonによれば、「キヤノンITSのR&D本部がディープラーニングを用いたAI技術を活用して開発したもので、採点済みの手書きの数字を読み取り、学生情報のリストと照合させることで採点結果を自動集計。学習成果や成績処理の業務効率化を実現する」というもの。

このシステムが採点をしてくれるわけではなく、採点された答案用紙を読み取り、採点された結果を集計・整理するソフトである。ある種の画像認識によるものである。

コンピュータによる採点というのは、マークシート形式のものがある。答案用紙を、コンピュータが見て、採点するということは、たぶん、当分は無理だと思われが、集計整理ができるようになることによって、作業は、効率化されることは確かだ。

「in Campus Series」は、主に大学で使われている。

【NEC】

セミナーブースで、日経BP社「教育とICT Online」編集長の中野淳氏の講演が行われていた。データが「教育とICT Online」に掲載されているが、「公立学校情報化ランキング」の結果と解説はなかなか興味深い。

講演では、自治体の順位を上げるポイントや、ICT教育の現状分析が話されていた。

ちなみに、小学校のベスト5は、@備前市・岡山県、A小城市・佐賀県、B武雄市・佐賀県、C神崎市・佐賀県、D三好市・徳島県。また、中学校のベスト5は、@佐賀市・佐賀県、Aみやき町・佐賀県、B備前市・岡山県、C神崎市・佐賀県、D武雄市・佐賀県となっていて、佐賀県、岡山県、徳島県などが、インフラ整備や教員の指導力の最先端となっているようだ。

NECのブースでは、授業内容に応じてスタイルを変えられるタブレットPC(VersaProタイプVS)をPRしていた。

【SONY】

ソニーの目玉は、デジタルペーパー。うたい文句は、A4ノートより軽い349gというのが売り。確かに、軽い。サイズも13.3型で、A4ノートサイズ。しかも、電池は、3週間くらいもつようだ。

RAMは16GBだが、使用可能容量は約11GBで、サポートファイルはPDF。読むことはもちろんだが、書き込んだ内容は、PDFになってPCなどにも転送できるし、そのまま、直接印刷もできる。

残念ながら、ネットに直接接続できない。Kindle Paperwhiteより読みやすく、A4サイズでも軽いので、これでKindle書籍が読めたらすごいのだが。

【SHARP】

ICTを活用した「主体的で、対話的、深い学び」をトータルに支援するシャープの教育ソリューションは、「表現・協働学習支援システム」のスタディノートが中心としたシステム。主に電子黒板BIGPADとタブレット端末を利用したもの。

活用事例として、このシステムを利用しているつくば市のICT教育の紹介がつくば市の教員グループによってなされていた。スライドを使った、詳しい説明だった。

ダイジェスト版「つくば市先進的ICT教育実践事例集」や「平成29年度つくば市ICT教育推進プログラム」、「つくば市プログラミング学習の手引き」が配布されていたが、参考になる。

ちなみに、プログラミング言語としては、1年生が「プログラミン」、2年〜6年が「Scratch」、6年〜9年(主に中学校)は、「JavaScriptブロックエディター」を使っているとのこと。

また、「Micro:bit 」を使っているところが面白い。

●展示場2(5/17)

【学研】

主として、ロボットプログラミング講座「もののしくみ研究室」のPR展示。「もののしくみ研究室」は、学研エデュケーショナルとアーテックと契約した塾やパソコン教室などが運営する講座。毎月2回、1回90分で小学校3年以上を対象として、2016年にスタートした講座。全国で500教室ほどあるという。

この講座では、ロボットプログラミングが特徴で、Artecブロックを使ってロボットをつくり、PCやタブレットを使い、ビジュアルプログラミングでつくったプログラムを転送し動かしてみるというもの。

「もののしくみ研究室」については、こちらを参照。http://robot.gakken.jp/ (参考:https://www.timeless-education.com/

【NHKエデュケーショナル】

2020年から教科となる、小学校英語教育の授業支援教材としてのNHK「プレキソ英語」の紹介。

「プレキソ英語」は、もともと2014年4月に放送開始された小学校高学年向けの番組。本来は家庭用であったものから、今回学校教材用に編集したもので、DVDに48本の番組が入っている。

印刷してすぐ使えるワークシートが70枚、「HI,friends!」の単元に対応した活動のアイディアを入れた授業案70枚、印刷して使える絵カード88枚がセットになっている。

岐阜県大垣市、三重県多気町、石川県津幡町、千葉県流山市などは、全小学校で使っているという。

セミナーでは、使っている小学校の事例の紹介があった。

NHK英語番組は、いわば英語力をつける王道ではある。「プレキソ英語」が終われば、次は「基礎英語」ということになる。

「基礎英語」を活かした教材は、「基礎英語LEAD」で、6500の会話例が著作権を気にせずに使えるというもの。こちちは、中学校・高等学校が対象。

「プレキソ英語」については、こちらを参照。http://www.nhk-ed.co.jp/newbusiness/eseigo/1  

【amazon】

アマゾンは、そんなに大きなブースではなかったが、AWS(アマゾンウェブサービス)の紹介を少し聞く。基本的には、クラウド上のサービスであるが、アマゾンの豊富なテクノロジーが使えるサービス。今後、教育の世界にもたぶん、参入してくるものと思われる。

【ベネッセ】

最後に回ったブースでの講演は、ベネッセとClassiの合同ブース。

「Classi」というのは、ベネッセとソフトバンクが共同で設立した会社であるClassi株式会社が提供している教師と生徒向けのクラウドサービスである。特に、全国の高校・中高一貫校の約4割が導入しているという。

セミナーでは、このシステムを導入している仙台育英高校の教師による講演があった。このサービスの素晴らしいところは、スマートフォンで利用できるということだ。ということは、常に繋がることができ、しかも保護者も交えたコミュニケーションが可能になること、また、勉強だけでなく、学校行事や生活のあらゆるデータが蓄積され、その結果、生徒一人一人にフィットした提案や指導ができるようになる。

また、高校生は、いろいろな工夫をして生徒同士が勉強を教え合うということもあるようだ。

授業では、Classi NOTE(タブレット端末を使った双方向授業支援ツール)というオプションサービスがあり、こちらはアクティブラーニングに利用される。

たぶん、こうしたシステムを導入している学校の授業は、ある意味では、講演で箕面市長の言った「ICTを普通に、無造作に」使っているに違いないと思われる。  

<感想>

今回は、限られて時間を使って、面白そうなブースでは、ブース内で行われている講演などを傾聴してみた。

そのため、あまり、展示品を点検してみるということはしなかった。

教育ITソリューションEXPOは、基本的には、教員などの教育関係者、および教育を支援する各自治体の教育関係者が主な対象だ。だから、どこに行ってもアンケートでは、「IT機器やデジタル教材の採用にどのようにかかわっていますか」と聞かれる。

各ブースのセミナーは、こうした事情からか、実践事例の紹介が多く、参加者が使ってみたいなと思わせる講演を多く提供されていた。そういう意味では、教育の情報化は、かなり進んでいて、多くの事例があった。

教育の情報化と言ったとき、大きくは、@情報教育、A教育内容の情報化・デジタル化、B校務の情報化に分けて考えることができる。

@で話題になっていたのは、情報倫理やセキュリティの問題とプログラミング教育だった。こちらは、2020年の新学習指導要領の実施とともに本格化されていくと思われる。 

Aは、デジタル教科書とデジタル教材であり、そのための機器が話題となっている。こちらは、すでに著作権法が改正されたので、学校でのデジタル教材の使用の仕方が、大きく変わる可能性がある。これから、この新著作権法の勉強をしておく必要がありそうだ。それから、2020年から支給されるデジタル教科書活用の仕方もこれからの研究課題になりそうだ。  

Bは、Aと一体化して、ハードメーカーと大手教材メーケーや教科書会社がいろいろなサービスを提供している。小学校と中・高校とは、かなり違った展開があるかもしれないが、鍵はスマートフォンかもしれない。

これは、企業も同じで、就業時間中にスマートフォンを利用できない企業もあるそうだが、これからはいかにこのスマホを活用できるかによってかなり、違った展開が起きるかもしれない。つまり、企業内の情報化がスマホを使ってうまく実現できるようになることも大きな課題になりそうだ。ベネッセのClassiの活用事例を見ていて、これは企業の中で行われている、たとえばサイボウズなどによるグループウェアの活用などの実績が学校現場にも導入されたものだと思った。

こうした状況を見ていると、普段の生活のなかで実現されていた一種の「生活の情報化」が学校現場にもどんどん導入されてきているという印象があった。そして、いずれにしても、高校生くらいがいちばんこうした機器の活用は得意のようだ。

新学習指導要領との関係では、いろいろ問題がありそうで、ちょうど読み終わったばかりの次の2冊が印象に残っていて、いろいろと考えさせられた。

前著は、子どもの言語学習(母語の習得)から「生きた知識」とは何かを論じたものであるし、後者は、「東ロボくん」の育ての親から見たAIの限界と現在の学校教育の問題(読解力の低下)を論じたもの。ただ、ある意味では人間独自の知性に対する考えが共通しているところがあり、新学習指導要領の限界(アクティブラーニングの問題)を指摘している。

現在、教育の情報化だけでなく、日常生活の情報化のなかで壮大な実験がなされているのかもしれない。「高度情報化社会」のなかで、人間の「知識」や「読解力」は本当のところどうなっているのか、という問題である。

あるブースで、PCでの文字入力ができなくなっている大学生の話があり、そのためにキー入力を学習するソフトをつくっているという話があった。スマホでは、すでに音声入力ができるようになり、音声入力が主体で、その修正だけをするという操作で文字を操作することができる。それが日常化すると何がおきるのかは未だ不明である。私たちは、メモもとらなくなって、ほとんど紙に書くことをしなくなっている。本と紙を使った読み書きとスマホの読み書きとでは、かなり違って作業である。これが、私たちの脳の認知機能にどんな影響を与えているのか。これから問題が出てきそうだ。

(文責:東京オフィス 塚本鈴夫)