編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

エディットお役立ちレポート

2018-06-13 「Cloud Days2018」勉強会

●会場の様子

2日間ともに活況で、歩くのが困難なほど。 自治体を含んで50社ほどが、PCやタブレットを手に実績を示している。 多かった展示は、次の2つ。 ・出勤管理の改善、リモート勤務の可能性など ・社内外セキュリティ対策

●セミナー:『アドビのDocument Cloudソリューションが可能にする業務効率の改善と生産性向上の実現 』

2018/06/14 15:00 〜 15:40
《講師》アドビ システムズ Document Cloudマーケティング 執行役員 北川 和彦 氏

◆内容1:リモート勤務

働き方改革が叫ばれる中、日本の1人あたりGDPは非常に低い。

とはいえ、 実はアメリカ人が「だいたい17時に会社をあがる」は、 事実ではあるが現実ではない。

リモートワークをするのが当然になっており、 18時〜21時と家族と過ごした後、 自宅で勤務の続きをするのが当然になっている。

結果、総計労働時間でみれば、アメリカのほうが日本より働いている。

しかし、場所に縛られないことでワークライフバランスは改善される。

◆内容2:半分ペーパーレス

日本は2018年現在でも、契約書・ハンコ・回覧書類などの77%が紙。 ファイリング分類保存なども含め、1日の1/3の時間を紙の対応に追われている。

Adobeとしては、それを半分にするようなペーパーレスを提供するため、 Adobe Document Cloudを提案する。

◆内容3:具体的には

世界標準ISO32000-1となっているPDFをベースに、

という強みのあるドキュメントソリューション。

無料のReaderではなくProであれば、 PDFの直接の編集やコメント記入なども可能。

無料のスマフォソフトAdobe Scan(カメラ)を用いれば、 強力なOCRをもとに紙の文書を「文字」が取り出せるPDFに変換。

電子署名システムAdobe Signで、決済の効率化を。 法的に「三文判」と同じ効果があり。実印が必要な場合は実印を推奨。

◆内容4:事例

石本建築事務所と清水建設の例。 AutoCADのデータを正確に図面としてクラウドに保存。 震災時の対応など、古い図面が破損・欠損していても、クラウドから取り出し、 いち早い災害復旧対応が可能に。

決裁手順・書類のデジタル化で、意思決定にかかっていた時間を30%削減。

●セミナー『Google Cloud Platform は何がすごいのか?― GCP概要紹介 ―』

2018/06/13 14:00 〜 14:40
《講師》グーグル・クラウド・ジャパン カスタマーエンジニア 福田 潔 氏

こちらは純粋にコンピュータの話であり、 エディットの業務にほぼ無関係であることを先にお断りしておく。

◆内容1:高品質専用ネットワークの提供

世界のインターネットトラフィックの40%が、Google検索を含むGoogleのサービスによるものである。

(ポップ、Point of Rrecense) POP とはサーバーにつながるまでのネットワークの経由数であるが、 たとえば日本ケータイ3社であれば、 3社とも1POPでGoogleに直結している。

直結してしまえば、Googleが保証するペタバイトのペタ倍の、 とにかく速い速度の通信、大量のデータ量を誇るGoogleのサービスを使える。

この利点は、まるごとGoogle Cloud Platformにも当てはまる。

Google Cloud Platformは雑に言えばレンタルエンジンであるが、 Google Cloud Platformを借りて構築したサービスは、 Google本体と同じ品質でエンドユーザーに届く。

◆内容2:強力なデータ処理基盤とオープンソース性

たとえば、 AIのTensorFlow はGoogleが公開しているオープンソースプロダクトである。

これらの機能を、Google Cloud Engineであればシンプルに借りられる。

世界一のバックボーン(自称)を共有できる。

音楽サービスのspotify は、 最初は自社サービスで展開していたが、 途中からGoogle Cloud Platformに移行した。 結果、パフォーマンスは100倍になった。

10倍ではなく100倍の差があれば、 顧客訴求力は絶対に高まる。

◆内容3:コードを書くだけ

プログラマーは、機能を作ることだけに集中できる。 マシン規模もマシン性能もネットワーク混雑もセキュリティ対策も、 すべてGoogleのロードバランサーが処理する。 すべてが自動調整される。

Goole Cloud Platformは

を提供する。

解析するべきデータを置いて、解析したいコードを書いて、実行するだけ。

ポケモンGoもメルカリも、GoogleのPaaSである。 どちらも、専用サーバーなどなく、 GoogleのCloudコンピューティングが支えてサービスが実行されている。

◆内容4:小さくはじめて、不要ならすぐやめればよい

Function as a Service(FaaS)は、小さな機能でもよい。

・Googleフォトに写真を自動シンクロした
→それをトリガーに、写真のファイル名を日付順にするプログラムを実行する
→それをトリガーに、写真のデータサイズをメール添付用に変換する

もうちょっとビジネスな例であれば、

・社内向けGoogleドライブの所定のフォルダにドキュメントを置いた
→自動的に文書を解析、関連する人にメールでドキュメント更新を案内

といった使い方ができる。

機能を思いついたら、すぐ試せばよい。 不要なら、すぐシャットダウンすればよい。 そういう融通の利く使い方ができる。

●おわりに

最近社内のHDDチェックをして、 悪いパーツについてはSSDに取り換えたりしている。

便利はお金で買える。便利は本来の仕事に集中する時間を生み出す。 時間がお金で買える。非常に素晴らしい。

ただ、そういう活用をするには、 なにがどうボトルネックになっているのか考える知識と、 そのネックを解消する知識、 予算の相場観などが必要になる。

今回のセミナーも、

と総括できると思う。

サーバーサイドコンピューティングについては いまは関係ないが、 それをいったら10年前はSSDもなかった。時代は変わる。 必要な時に必要な手が打てるよう、IT知識の更新は行っていきたい。

むりやりにたとえ話をかけば、 お客様が本を依頼したいとき、

ことを考えていると思われるが、 それを支えるためには先端のコンピューティング技術の活用は欠かせない、 そんなことも言えるのではないかと思った。

(文責:名古屋本社・企画ソリューション部 角健太郎)