編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

エディット・メールマガジン/バックナンバー

エディット通信(2021年小暑号)

■編集講座「期待されるアフターコロナの編集者像」を聴講して

2021.7.5

2021年1月から始まった,オンラインによるAJEC編集講座のLコー ス第3回を聴講しました。

今回の講師は,毎日新聞社 社長室委員 中村由紀人氏でした。

中村由紀人氏は,PHP研究所にて出版営業を皮切りに,月刊誌 『Voice』,月刊誌『PHP』の雑誌編集を経て,文庫,ビジネス書な どの編集長を歴任されました。
さらには,デジタル,ウェブ,ライツの3部門で構成された事業開 発本部の本部長として,電子書籍事業を展開されました。
2015年には,毎日新聞出版株式会社設立に加わり,現在に至ってお られます。

今回の「期待されるアフターコロナの編集者像」というテーマは, コロナ禍・コロナ禍明けの編集者の働き方を考えるうえで,たいへ ん参考になるお話でした。

ニューノーマル時代の編集者像の一端について,まとめさせていた だきました。
ご一読いただけますと幸いです。


中村由紀人氏より,冒頭でコロナ禍の2020年,2021年の出版業界の 変化・動向について,解説がありました。

その後,6人(米津玄師・フワちゃん・瑛人・Ado・ハラミちゃん・ まふまふ)の写真を見せて,この人たちの共通点は何か,という質 問をされました。

この6人のデビューの仕方には,共通点があるようです。 その共通点は,無名時代から SNS上で自分のコンテンツを配信する ことから始め,認知度が上がり,ヒットを打ち出すという流れで有 名になったことです。
従来の,芸能プロダクションやレコード会社に所属して,ヒットを 打ち出す流れとは一線を画します。

この新しい時代の人たちに見られる「自分で売り出す/自分でデビ ューする時代」が,出版業界にも到来したと中村氏は言われます。

出版社から出版物を出すためには,出版部数の兼ね合い,高額な制 作にかかわる各種コストなどの壁があり,独自コンテンツを出版物 として仕上げるところまで,なかなか踏み切られないのが現状でし た。

ところが,POD(プリント・オン・デマンド)出版であれば,出版社 を通さずに,たとえば,フリー編集者が著者原稿を編集校正して仕 上げていけば,制作にかかる費用が抑えられ,いろんな人が出版物 を廉価で出せる時代になってきました。

そして,編集者の立場が,出版社からの仕事を請け負う形だけでな く,執筆者からの原稿を受け取って,たとえばフリー編集者が自身 の名義で出版社登録(法人登録は不要)をし,自分の出版社から出 版物を発刊するまでの絵を描けるようになりました。

さらには,出版社が主体となって,作家や校正者・デザイナー・DTP 組版会社とのやり取りで仕上がった本が,「編集者」個人が主体に なって出版物を作り上げ,販売・発送までをコーディネートできる ようになりました。

このビジネスの主体となる編集者こそが,中村氏の言われる「アフ ターコロナの編集者」です。

中村氏が,関わられたPOD出版の実例は新たなビジネスモデルの参考 となります。

たとえば,絶版になった大学の先生の出版物を,契約解除(出版社 との契約は3年が主流)して,大学の先生が自身で立ち上げた出版社で書籍化し, アマゾンで売り続けることができるようになった話 はとても興味深い内容でした。

「アフターコロナの編集者の条件」として,5つを挙げられていま した。

  1. 社員から個人事業主を目指す
  2. 編集者の人脈は作家だけではない
  3. 目の前の仕事の理解だけでは足りない
  4. デジタルとライツは必須の条件
  5. 業界情報(動き)を知っている

とても刺激の満ちた可能性を感じさせられるお話でした。

以下の記事も参考になります。
「電流協 デジタルオンデマンド印刷ハンドブック発行で記念セミナー,POD活用を紹介」

http://www.newprinet.co.jp/?p=30416

 今回もエディット・東京オフィスの塚本鈴夫が,この編集講座のレポートを作成しております。合わせてご覧いただければ幸いです。

http://www.edit-jp.com/report/2021-0624.html